「注意欠如・多動症(ADHD)」とは?

ADHDは”Attention Deficit Hyperactivity Disorder”の略で、
日本語では「注意欠如・多動症といいます。

ADHDには3つの特徴があります。

<3つの特徴>

不注意(集中力がない・気が散りやすい)
多動性(じっとしていられない・落ち着きがない)
衝動性(順番を待てない・考える前に実行してしまう)


この3つの特徴は、人によってバランスが異なったり、年齢を重ねると傾向が変わったり、特徴が弱まることもあります。

この特徴の出現の仕方で、この3つに分けて考えられています。

不注意優勢型(ADD):必要なことに注意を向ける・向け続けるのが苦手。

多動性・衝動性優勢型 :必要のない動作・行動が多くじっとしているのが苦手。突然行動しはじめることが多い。

混合型:不注意と多動性・衝動性の両方の特徴がある。


<それぞれの特徴>

不注意(inattention)

【子どもの場合】
□勉強などで不注意な間違いをする
□失くし物や忘れ物をしやすい。
□興味のあることには集中しすぎてしまい切り替えが難しい
□課題や活動を順序だてて行うことが難しい

【大人の場合】
□細部をミスする
□物事を忘れる
□時間管理が苦手
□期限が守れない


多動性(hyperactivity)

【子どもの場合】
□じっと座っていることができない
□落ち着きがなく注意を持続する事が難しい、または困難
□絶え間なく喋り続ける
□黙ってじっとし続けられない
□理解できる指示をされても従おうとしない

【大人の場合】(脳の多動、も見られます)
□貧乏ゆすりなど、目的のない動き
□落ち着かない感じ
□ひとつの作業に集中し続けるのが難しい
□その作業が楽しくないと、数分後にはすぐに退屈になる
□つい他のことを考えて気が散ってしまう
□集中して作業し過ぎて疲れてしまう(過集中)
□1つの作業を順序立てて進めるのが苦手。段取り良く作業できない。
□どの作業も途中までで完了できない状態になりやすい。


衝動性(impulsivity)

【子どもの場合】
□ルールが守れない
□喋りつづける
□順番を待つことができない
□感情を抑えられない
□欲しい物があると激しくダダをこねてしまう

【大人の場合】
□思ったことをすぐに発言してしまう
□他の人が話していても遮って話し始めてしまう
□別の作業が気になるとそちらに手を付けてしまい元々の作業が進まなくなる
□カチンとくると怒りがうまく抑えられない
□ミスをすると少しのことでも大きく落ち込んでしまい他のことが手につかなくなる
□衝動買いをしてしまう
□周りに相談せずに、独断で重要なことを決めてしまう


<診断方法>

ADHDの診断ができるのは医師だけです。
診断を受けたいと思ったら、精神科心療内科に通院する必要があります。

発達障がいを診ることができる医療機関はまだまだ多いとは言えません。
お住まいの自治体の「障害福祉課」や「発達障害者支援センター」などで発達障がいに詳しい医療機関の情報を集めた上で通院先を選んでみてください。

・生育歴
ASRS(自己記入式症状チェックリスト)
・臨床心理士:WAIS(ウェクスラー知能検査)-Ⅲ(成人用の知能検査)
知能検査では「全検査IQ」の他に、「言語性IQ」や「動作性IQ」、さらに細かい能力を計測する群指数などが算出
・作動記憶(ワーキングメモリー)、処理速度などの動作性の群指数の凸凹を確認

半年以上通院を続け、ADHDの症状が「継続して現れている」ことが確認できると、診断を受けることができます。

わかりにくい症状の現れ方をしている人の場合、診断が下りにくいこともあります。
その場合には、主治医によく話を聞いてもらい、困っていることについてご相談してみてください。


<大人のADHDチェックリスト>

「大人のためのADHD.co.jp」https://adhd.co.jp/otona/selfcheck/

のところで、医療監修の受診前にできるチェックリストがあります。

もし、「そうかも?!」と思われた方はお試しください。


<治療方法>

色々な方法はありますが、まずは「特性にあった環境を整える」ことが重要です。

家の中、部屋の中を整えたり、物を少なくしたり、わかりやすく仕分けした棚を用意するなどで、まずは「落ち着き」が得られるとも言われています。

また、子どもの場合、抑えられない感情を無理やり押さえつけることで余計に悪化することも起こり得ます。

ご両親がまず「心の余裕」を整え、子どもの特性を寛容に受け止められるようにしていくことも必要なことではないでしょうか。

大人の場合、「特性」をよく把握した上でお仕事についたり、いかに弱点となっていることを補うことができるのかトレーニングしたり、工夫したりしてみることも必要になってくると思います。
自分ではどうしようもない特性に関しては、周囲の理解を得ていく必要も出てくるかと思います。どのようにして理解を得ていくか、は環境により変わってくるとは思いますが、「自己開示」を少しずつ行いながら味方になってくれる人を増やしていくことも1つの方法ではないかな、と思います。

心理療法:心理教育、ペアレントトレーニング、認知行動療法など

薬物療法:発達障がいの中では唯一、症状を和らげる処方薬があります。

「ストラテラ」「コンサータ」の2種類あります。

効き目、副作用の出方など、個人差がありますので試してみてからどうするのか
医師とよく相談しながら服薬してみてください。


<大人の発達障がいに詳しいサイト>

大人のADHD(注意欠如多動性障害)

大人のADHD.co.jp:https://adhd.co.jp/otona/


 

最後に・・・

私、朝倉美保もADHDです。

34歳で診断が出て、それからコンサータ、ストラテラとも試し、
コンサータは効き目がわからなかったので
現在はストラテラを服用しながら過ごしています。

ご覧になっている方の中では、なかなか診断が出ない方もいるかもしれません。

私の場合も20代で1度入院先で診断が出ましたが、
退院した時に私の主治医が「あんたが発達障がいなわけないやろー!」と一蹴してしまい、発見が遅れてしまいました。

結局は、10年以上うつ病が治らなかったことがきっかけで原因を探るべく、入院して検査を色々した結果、「発達障がい」と診断されました。

その後も、主治医が変わるたびに「ほんまに発達障がい?!」と疑われつづけ、
あんまりにも疑われるので発達障害支援センターに相談し、
かつて発達障害専門医をしていた医師を紹介してもらい、現在に至ります。

その医師にも、初診では母親同伴での「生育歴」や
どんな風に「特性」があるのか、詳しい聞き取りをされました。

結局、疑われ続けた診断が確定したのは、
幼児期、学童期の「多動、衝動、不注意」のエピソードがはっきりと言えたことでした。

・忘れ物をしていたが、気にしたことがなかった
・式典など、絶対じっとしていない時にほど、動きたい衝動が出た
・やり始めたら睡眠時間を忘れて何時間も集中していた
・「やりたい」と思ったら、その衝動が抑えられず行動してしまった

などなど

具体的なエピソードがあればあるほど、診断しやすいようです。

SNSなどでWAISの結果を公表されている方を見かけますが、
実は私は結果を見せてもらったことがありません。(羨ましい・・・)

しかし、自分の「特性」は把握できています。

結局は、「いかに自分と向き合うか」なのだと思います。

そして、私なりに自己管理をしっかりするべく「認知行動療法」を実行しています。
毎日のスケジュール、週間のスケジュールを書き出し、表にし、
常に目につくところに置いています。

毎日、「体調メモ」も書き込み、その表を医師に提出しています。

主治医も、毎回2週間にあった体調変化がわかりやすいですし、
たまに出来事の中から記憶確認にも使用されます。
(毎回、答えられず、忘れ去っているのですが・・・)

それが、薬の処方にも役立っているようです。

治療方法も、向き合い方も人それぞれだと思うのですが、
医師といかに意思疎通をしやすくするのか、
工夫することも必要なことではないかな?と思います。

認知行動療法の表はエクセルで作っているので、
欲しい方がおられたらメールをいただければと思います。
info@minorinomori.co.jp

朝倉美保