漢字の読みが苦手子どものための練習方法

今度、漢字検定10級を受けることになった家庭教師の生徒。

漢字はわりと好きな方ですが、音訓読みがうまくわけられません。

今回は、特に間違えがちな漢字を使って、文章を作りました。

(生徒は文章を読むのは好き)

間違えやすいところには、最初付箋でよみがなをつけておきます。

意味も確認しながらスラスラ読めるように手助けします。

まず、文字をなぞり書きしてもらうのもいいかと思います。

付箋があれば大丈夫なところで、意味もわかっているところから、1〜2個ずつ付箋を剥がして、音読を再度していきます。

一つのものを何度も繰り返すと飽きてしまうので、読むものは2〜3個用意しておきます。

付箋を剥がしながら、何周かしつつ、音読してもらって、全部付箋がなくなったら拍手!

ご褒美を用意しておいてください。

(わたしの場合は、お菓子かYouTube)

わりと根気がいるのと、飽きやすいので、一気にやりきらず、何日かにわけてもいいかと思います。

ポイントは、

★漢字を嫌いにならないようにすること!

必死でやらせすぎたら、

「もういや!見なくない!」

となりますので、気をつけてくださいね。

生徒も友だちが9級、10級を受けて合格していくので「同じがいいなぁ」と思いながらも、

「漢字ドリルばっかり嫌!」

となっています。

ドリルは有効ではありますが

単調になりがちなので

なにか変化をつけつつ、

好きなことを混ぜてやってみてください。

今日なんとなく好きな歌の歌詞を書き始めた生徒。

知っている漢字は書きたいので、

「知ってるけど忘れた」

と聞いてくれました。

好きなことと嫌いなこと、混ぜながらするといいのかも?!と思った瞬間でした。

今回の授業中に

Superflyのgiftsを10回以上聞いたので、すっかり覚えてしまいました笑

#発達障害 専門雑誌 #きらり 。7号は#限局性学習症 #学習障害 特集です。

#amazon から注文できますよ

#発達障害 #勉強ができない #文字がきたない #漢字勉強 #漢字練習